このブログは、「会長」の平凡的な日常を淡々と書いたものです。 過度な期待はしないでください。 部屋を明るくして、パソコンから1メートルは離れて見やがってください。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンツじゃないから恥ずかしくないもんっ!

採用試験に見事受かりませんでした。会長です。

ストライクウィッチーズを見始めました。
一話だけは放送当時に見たんですが、見てる途中で眠くなって、それでそれ以降見なくなったんですが、MADが人気なので見てみようと思いました。

あぁ、隣の部屋からポニョが聞こえてくるよ。Mステかな?
エーガエーガエガ酒屋の子~♪

パンツじゃないからとかいっときながら、パンツですよね?あれ。
パンツじゃなかったらパンツはいつ穿いてるの?って話ですよ。
そうか、あの世界にはパンツという概念がないのか。そうかそうか。


本屋でタイトルと表紙に釣られてしまい買ってしまったラノベ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない
リンク先のページの下のほうにあります。
一番上のとらドラ8も買いましたよ。
両方まだ未読ですが・・・。

俺の妹以下省略(リタ風)をレジに持っていって、店員さんに「カバーはかけますか?」って聞かれました。
小説を買ったときにはだいたい聞かれると思うんですが、その店員さんが表紙をこっちに向けてきて、聞いてきたもんだから、私は一瞬で「お前、こんな表紙なんだから、カバーかけないと恥ずかしいだろ?周りの人にオタクだってバレちまうぞ?えぇ?」と、店員さんの心の内を読んで「大丈夫です」って言ってやりました。

勝ちましたね。

表紙を向けられて聞かれたのは多分始めてだったので、少し驚きましたね。

昔はレジで本を渡すときに恥ずかしいから裏を向けて渡してたんですけど、そんなもん、もう慣れましたね。恥ずかしがってたら買えませんよ。むしろ裏を向けている方が恥ずかしいというか。

あと、かんなぎのコミックを買おうかどうか迷いちうです。


今日は長めで。
ブックオフのアニメ化されているものをあつめたコーナーでみなみけの5巻を立ち読みしてました。
みなみけは1巻と5巻しかありませんでした。
そこに家族(お母さんと娘二人)がやってきて、
娘「一つしかないよぉ(みなみけの1巻を指差していたのでおそらくみなみけ)」
お母さん「ないならしょうがないんじゃない?」

私「よかったらこれ、どうぞ。(みなみけ5巻を差し出して)」
お母さん「え!いいんですか?」
娘「いいの?」
私「えぇ、いいですよ。立ち読みしてただけですから」
お母さん「ありがとうございます。ほら、あなた達もお礼をいいなさい」
娘さん達「ありがとう、お兄さん、お兄さんもみなみけ好きなの?」
私「うん、好きだよ。DVD全巻持ってるよ。」
娘1「うわぁ、すごい。ねぇねぇ、どのキャラが好き?私は千秋が好き。」
私「僕は、冬馬と内田が好きだね。」
娘2「私も冬馬好きだよ。あと、マコちゃんが好き。」
私「たしかにマコちゃんもいいね。(森永さん的な意味で)」
娘2「お兄さんDVD持ってるって本当なの?」
私「うん、本当だよ。」
娘2「私達に貸してくれない?」
私「う、うん・・・。それは構わないけど、まだ、君達の名前のも連絡先も知らないしなぁ。」
娘2「じゃあ、私の携帯のアドレス教えてあげるよ。」
娘1「えぇ、ずるい~私も私も~。」
私「ハハハッ、二人同時には交換できないよ。」
お母さん「すみません、ご迷惑をおかけして。」
私「いえいえ、迷惑なんてとんでもない。」
お母さん「良い人と仲良くなれてよかったわね。」
娘さん達「うんっ!」

そんなこんなで、アドレスを交換して、日曜日にDVDを貸す約束をした私達であった・・・。





















という、夢を見たんだ・・・。

そんなうまい話、世の中ありませんよ。えぇ。
私なんて赤の他人に話しかけることすらできないただの愚民ですから・・・。
お母さん「ないならしょうがないんじゃない?」
から変な妄想を飛ばして↓から続きです。これからは実際にあったお話。


私の心の声「ごめん、5巻は私が読んでいるんだ・・・。」
お母さん「これは、これ!きら・・・すた?」
娘「らき☆すただよ、それはもう、全部もってるよ」
そういって、お母さんをおいてどこかへ行ってしまう娘二人。
お母さん「ちょっと、ちょっとちょっと!(実際は二回)ほらほらこれあるよ」
お母さんが見つけたのはハルヒのラノベでした。
娘「あぁ、うわぁ、安いよこれ」
私の心の声「らき☆すたは持ってるのにハルヒは持ってないのか・・・。てか、お母さんハルヒ知ってんだ。」
まぁ、そんな人なんで五万といますよね。私両方持って無いですし。サーセンw
ハルヒはアニメ始まる前から読んでたんですが、途中で読まなくなっちゃいまして。売っちゃいました。

まぁ、そんなわけでハルヒに夢中な家族を横目にまだ読みかけだったみなみけをそっと本棚に戻して店を出ました。

駐車場で迎えを待っていると、さっきの家族が店から出てきました。
娘さんの手には何か買ったであろう袋が。
私の心の声「あぁ、その中にはハルヒと私が君たちに託したみなみけ5巻が入っているんだね。うん。私の分までじっくり読んでくれたまへ。」と、師匠が弟子に家宝を受け継がせる的な妄想を勝手に描いていました。

そこ子たちは見た感じだと中3~高2くらかな?
最近は女の子もオープンなんですね。
そんな感じのオチの無いお話でした。


オチのあるオススメ



そりゃ泣くわww

久々の長文でした。
それではストパン4話見てきます。
スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://koosaka.blog32.fc2.com/tb.php/34-0aaa3e1b
プロフィール

会長

Author:会長
ども。会長と言います。

性別:男子

出身:岐阜県

趣味は、
アニメ・ゲーム
お笑い
とかですかね。

ゲームセンターCX、大好きです。

アナちゃんは、俺の嫁。

好きなアニメは
苺ましまろ
らき☆すた
かみちゅ!
まなびストレート
みなみけ
ドルアーガの塔
true tears
魔法陣グルグル
瀬戸の花嫁
もえたん
狂乱家族日記
ストライクウィッチーズ
ひだまりスケッチ
かんなぎ
とらドラ!
今日の5の2
まりあ✝ほりっく
などなどです。

まぁその他も結構見てるんで、
皆さんと趣味が合えば幸いですね。

リンクはどんどんしてやってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
YouTube×ニコニコ動画(白)
ひだまりスケッチ×365
苺ましまろOVA Vol.2 発売カウントダウン



by.yzakka
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。